saru8

1/2ページ

この記事が面白かった!

モーリー・ロバートソン解説:大麻について話をしよう お久しぶりです!朝ニュースをスマホで読んでいたらこんな記事が出てきました。Google newsで読んでたのだけど、自分の好みにモーリー・ロバートソ […]

20才頃のクラブ活動

MYSTを解いていた頃のお話、夜のクラブ活動について記憶が蘇ってきたので、書いてみたいと思います。以前からこの時代のイカれつつも楽しい生活を書いてみたかったんだけど、放送規制に引っかかる事柄が多くて思 […]

今日、考えたこと

久しぶりにインドにいるのと違う、懐かしい感覚を感じました。マダム・リリーさんのHPです。 歴史でわかる!日本女は海外でモテるのに、男はモテない理由 よくカナダにいた時に感じた感覚です。北米、欧米だとよ […]

父親 – impression of father

今月のお題ですが、父の日にちなんでもう一つ「父親」なんて追加してみてもいいでしょうか? 私の父が3年ほど前に他界して、なんとなくそれ以来、それ以前には全く意識しなかった父親というものは自分にどういうも […]

Talking Heads “Cool Water” 和訳

第三世界の過酷な労働を歌っているようでもあり、この地球にいる人類すべての業、労働をしなくてはいけないという業を歌っているようでもある。暗くセピア色の色調の画面が思い浮かびます。アフリカかアジアのどこか […]

Talking Heads “Bill” 和訳

いじめられっ子が可愛い彼女と二人で森に逃げて二人だけの生活を送っている。夏の間中笑い合って二人だけの時間を過ごす、しばらくして彼は銃を買い、彼女は新しい服に着替える。とても悲しい結末を想像させます。と […]

Talking heads “Big Daddy” 和訳

難しい歌詞でした。主語、視点がすっと変わるので she, you, heと。金持ちのダディとそれに引っかかった彼女。ビッグダディと彼女のラブゲームを池の魚と釣り師に例えているのかな。お人形さんを持って […]

Talking heads “Mommy, Daddy, You And I” 和訳

この歌結構好きなんだけど、ゆったりしたテンポで、寒い北米の冬とグレイハウンドみたいなバスの歌。歌詞をよーく読んで約してみると、まるで「津軽海峡冬景色」みたいな世界観ですな!WIKI先生によるとデビット […]

Talking heads “The Facts Of Life” 和訳

このアルバムの中心の曲だよね!ジャケットもチンパンジーだし。遺伝子とセックスと何か。遺伝子の赴くままに子孫を残していく、ここに神様絡めちゃうのがアメリカ人だよね。別に神様いねーし、マスタープランはない […]

Talking heads “The Democratic Circus” 和訳

デビットバーンの子供時代のサーカスの情景と、大人になって成功したあとに見た政治ショーのMIXでしょうか。所詮政治はショー、劇場型政治は子供時代に見たサーカスと変わらないのかもしれません。それは日本でも […]

Talking heads “(Nothing But) Flowers” 和訳

有名な曲です。沢山の訳詞がWEBにありました。みなさんが書いている通り一つの近未来の物語で一つのディストピアの形だと思います。それにしてもデビットバーンは自然主義みたいのが嫌いだったんですかね。その頃 […]

talking head “Ruby Dear” 和訳

静かな淡々した曲。歌詞はいままで一番わからない感じだが、深夜に回るレコード、落ちていくなどの表現から眠りや眠りの時間帯の朦朧とした意識の中の夢うつつの世界だろうか。それともありがちなドラッグ体験の歌か […]